周波数がなぜ体に効果があるのか?

Why is the frequency effective in the body?


すべての物質は振動している。

All substances are vibrating.

この宇宙は素粒子以下の量子のレベルから振動していることが分かっており、私たちが目に見えるすべてのものは振動したエネルギーが織り重なり合って物質となっています。

 

ドイツの物理学者でノーベル賞を受賞した「マックス・プランク」は、

『すべては振動であり、その影響である。現実には何の物質もな存在しない。すべてのものは、振動から構成されている。』と述べています。

 

物質はそれぞれが持っている周波数があります。同じように、人間の臓器にも特定の様々な周波数があります。

 

We know that this universe is oscillating from the level of quantum below elementary particles, and everything visible to us is interlaced woven with vibrating energy.

 

"German planck", a German physicist and award winner of the Nobel Prize,

"Everything is vibration and its effect. In reality no substance exists. Everything consists of vibration. "It states.

 

There is a substance frequency of each substance. Likewise, human organs have different frequencies that are specific.


周波数とは?

What is frequency?

下図のように一秒間に何回向きを変えるかという数、つまり振動数。単位はヘルツで表します。

音の場合、1Hzは、およそ340mの距離で1回振幅をします。

 

As shown in the figure below, how many times to change direction per second, that is, frequency. The unit is expressed in hertz.

In the case of sound, 1 Hz amplitude once at a distance of approximately 340 m.


周波数の共振効果

Resonant effect of frequency

ここに、同じ音が出る音叉があります。音叉とは一定の高さの音を脱すことのできる器具で楽器の調律でよく用いられ、多くの人はご存知だと思います。

 

Here, there are tuning forks that produce the same sound. A tuning fork is an instrument that can release a sound of a certain height often used for instrument tuning, and many people know that.

下の図のように、同じ周波数が鳴る音叉は片方の音叉を鳴らすことにより、その振動を受けてもう片方の音叉が鳴ることを共振と呼びます。

 

As shown in the figure below, the tuning fork, which sounds the same frequency, calls one of the tuning forks, so that the other tuning fork sounds when receiving the vibration is called resonance.

音の共振

人間の体の部位や臓器には特定の周波数が存在し、その周波数は外部からの振動に影響されます。この時、体の臓器の周波数が正しく保たれている場合は、健康で調和のとれた状態にあり、自然治癒力が高い状態にあると言えます。

 

ところが、生活の乱れにより、本来あるべき定まった周波数がづれていた場合、自然治癒力が衰え、病気になると考えられ、正しい、周波数を身体に当てることにより、本来持つべき正しい周波数に矯正されていくと言われ、この効果を狙ったものが、「428Hz Hybrid Sound」というYoutube動画チャンネルです。

 

そして、有名なところで「ドイツ振動医学」という、その周波数を整える(波動調整を行う)治療がドイツでは行われております。

 

There are specific frequencies in human body parts and organs, and their frequencies are influenced by external vibration. At this time, if the frequency of your body's organs is kept properly, you are in a healthy and harmonious state and you can say that it has a high natural healing power.

 

However, it is considered that natural healing power declines and becomes sick, if correct frequency that is supposed to be supposed owing to disorder of life is supposed, it is thought that it becomes sickness, and by applying the correct frequency to the body, it is corrected to the correct frequency to have inherently It is said that the thing that aimed at this effect is Youtube video channel called "428Hz Hybrid Sound.

 

And, in famous place "German Oscillating Medicine", adjusting its frequency (do wave adjustment) is done in Germany.


ドイツ振動医学とは?

What is German Oscillatory Medicine?

ドイツ振動医学は、波動的に人の身体に働きかけることで、その生命力を引き出し、整えていく新しい健康法(セラピー)です。すでにドイツでは、自然療法の治療家たちがそれを使って多大な成果をあげるだけでなく、一般の病院でも数多くの医師たちがそれを取り入れるようになっています。

 

 日本では、波動医学のほうが一般に知られていますが、振動医学はバイオレゾナンス・メソッド(生体共鳴法)という、ドイツ発のまったく新しい「気と波動」の波動健康法です。日本には、約10数年前に上陸し、医師や歯科医、鍼灸師、獣医などの治療家に普及し、さらに一般の人の健康維持管理に注目され、現在、利用する人が拡大しています。

 

 振動医学は、ドイツのパウル・シュミットというひとりの天才学者によって、1970年代はじめにバイオレゾナンス・メソッド(生体共鳴法)が着想されたことに端を発しています。着想のベースに、20世紀はじめに起きた物理学の大革命と言われた「量子論や量子力学」があったことは勿論ですが、他にも以下の2つの大きなヒントがあったといいます。

 

■ 地下水脈や鉱脈を発見するダウジングという伝統的な「地中探査

  法」(筋力を図るOリングも同様な仕組み)。

 

■ 東洋医学の「気」(生命エネルギー)のとらえ方や、その通り道

  である「経絡」や、気の出入り口である「チャクラ」の考え方。

 

 簡単にいえば「波動の共鳴現象を利用して、体の気である生命エネルギーの流れを調整する健康法」です。1976年に最初の「波動送波器」が試作され、以下の3つの仮説のもとで数々の実験が行われたのです。

 

【1】からだを流れる生命エネルギー(気)の波動には、それぞれの

   器官、組織、働きなどにより、固有の周波数があること。

 

【2】その生命エネルギーの流れが悪い状態(ブロッケード)になる

   と、健康が損なわれるということであること。

 

【3】気の滞りがある時は、その滞りと同じ周波数による共鳴現象で

   その滞りが消え「気」が再び活発に流れるようになること。

 

 このような3つの仮説を立て、これまでの西洋医学とは異なる、新しい振動医学のバイオレゾナンス・メソッドの研究、開発がなされ、その結果、これらの仮説が西洋医学の医師や多くの治療家によって実証され、今日に至っています。

 

German vibratory medicine is a new health law (therapy) that pulls out and regulates its vitality by actively working on the human body. Already in Germany, therapists of naturopathy do not only achieve great results using it, but also many doctors are introducing it in general hospitals.

 

In Japan, wave medicine is more commonly known, but vibratory medicine is a bioresorance method (biological resonance method), a completely new "air and wave" wave health regulation from Germany. In Japan, it landed about ten years ago, it spread to therapists such as doctors and dentists, acupuncturists, veterinarians, and more attention was paid to health maintenance of general people, and now people who use it expand It is.

 

Oscillatory medicine began with a genius scholar, Paul Schmidt in Germany, that inspired the bioresonance method (biological resonance method) in the early 1970s. Of course, there were "quantum theory and quantum mechanics" which was said to be the big revolution of physics that occurred in the beginning of the 20th century on the basis of the idea, but it is said that there were two other big hints as follows.

 

■ Traditional "underground exploration" called dowsing to discover groundwater veins and veins

Law "(a similar mechanism also for O-rings for strength).

 

■ How to catch the "Qi" (life energy) of Oriental medicine and its way

The idea of "Meridi" which is "Meridian" and "Chakra" which is the entrance to the air.

 

Speaking briefly, it is "Health law that adjusts the flow of life energy that is the body's mind by utilizing the resonance phenomenon of wave". The first "wave transmitter" was prototyped in 1976, and a number of experiments were conducted under the following three hypotheses.

 

【1】 Wave of life energy flowing through the body

Due to organs, tissues, work, etc., have unique frequency.

 

【2】 That life energy flow is bad (Brocade)

And that health is to be compromised.

 

【3】 When there is a stagnation, resonance phenomenon by the same frequency as that stagnation

That stagnation will disappear and "qi" will again flow actively.

 

Three such hypotheses are made, research and development of the new vibration medicine bioresonance method different from Western medicine so far were done, and as a result, these hypotheses were made by Western medicine doctors and many therapists It has been proven and has reached today.

 

  出典・引用文献:

  ヴィンフリート・ジモン監修 野呂瀬民知雄著「新しい波動健康法

 

詳しくはこちらのサイトを御覧ください。

「ドイツ振動医学の波動テック」

http://hado-tech.com


参考文献

References

その他にも色々な周波数に関連した研究者や機器が存在します。

Other researchers and equipment related to various frequencies exist.

 

ドイツ・レヨネックス社「ベレンクラフト」

ドクターライフの治療機器

Tシステムの原理と歴史

 

抹殺された治療法(01)ライフ博士の功績